何故利率が違うの?


利率は返済の信頼度によって決まります。
銀行や郵便局では自分の預金額の範囲内で、低利率でお金が借りれます。
もし返せない場合は預金から返済することになります。
だから 貸す側にとってはお金を返してもらえない危険度がぐっと減ります。
また
借金をするときその保証として貸し手に提供するものを担保と言います。
貸す側からすると、貸したお金を確実に回収するために確保しておくものです。
住宅ローンや車のローンの利率が低いのは家や車が担保になるからです。
人を担保にするようなものを「連体保証人」と言います。
「この人は返す人ですよ。私が保障します。」と約束するのですが、返せなくなったらその保証人が返すのです。
無担保だと利率が高くなるのはこういうわけです。
お金貸して!に戻る


Yahoo
消費者金融紹介
Google